即効性を持つ医薬品の特徴と副作用

レビトラとは、ED治療薬として国内二番目に処方が始まったED治療薬となりドイツに拠点を置いている製薬会社が開発したもので、剤形は錠剤となるので経口の内服により局所的に作用する医薬品とされ外見の特徴としては円形の黄色味がかったオレンジ色が特徴で中身に含有される成分バルデナフィルは白い粉末となります。
又、国内でレビトラは健康保険の適応が無いとされる医薬品となるので全国どこの医療機関でも自費での診療を必要としており更に薬価の基準が無い未収載薬とされているので医療機関ごとでもその薬価に多少違いが有るとされ5mg、10mg、20mgの三種の用量規格が有りますが20mgで一錠が大体2000円前後するとされ高額な薬価も特徴の一つとされています。
レビトラ自体の特徴としては他のED治療薬と一線を画すのが即効性となり、内服してから効き始めまでに掛かる時間が短時間とされ約20分で効き始めるとされるので素早い効き目は多くの場面で用いる事の出来る利便性の高い特徴となり、成分が血液内で最高濃度になるまでの時間も50分程度と考えられているので一時間と掛からずにしっかりとした効き目を期待する事が出来るとされ持続性も十時間あるとされるので一晩の営みで時間に追われる事無く性交を行う事が出来ます。
内服にあたり併用を禁忌されている薬剤としては硝酸剤や一部の抗ウィルス薬、抗真菌薬、抗不整脈薬等が併用を禁止しており併用する事で急激な血圧低下を起こす事が有り、心停止が起き死亡した例も数例あるので使用は控える様にする必要が有ります。
又、副作用症状には顔面紅潮や火照り、頭痛、鼻詰まり等が殆どの方に起こるとされ効き始めの合図とも取れる副作用になりますが、重篤なものにおいてはプリアピズムといって持続性勃起となる事が有るとされ4時間以上に渡って勃起状態が継続してしまい痛みを伴う様であれば勃起の機能を喪失する事や陰茎内の組織損傷が起こる前兆の可能性が有るのでこういった副作用症状には念の為に注意が必要となります。

カテゴリー